きまぐれブログ~Out Put~

newoutput.exblog.jp

「ゆる~く」書かせてもらいます。

d0340948_10192320.jpg
1983年オフィシャル(ライセンス入り)
d0340948_10203042.jpg
1988年オフィシャル
d0340948_10205294.jpg
こんな感じのライセンスが書かれます・・・
d0340948_10220570.jpg
1988年オフィシャル
d0340948_10225931.jpg
1980年代オフィシャル
d0340948_10241939.jpg
1980年代オフィシャル
d0340948_10340262.jpg
1980年代オフィシャル
d0340948_10345262.jpg
1980年代オフィシャル
d0340948_10351572.jpg
1980年代オフィシャル
d0340948_10353388.jpg
1980年代オフィシャル
d0340948_10355320.jpg
1980年代オフィシャル
d0340948_10363677.jpg
1980年代オフィシャル
d0340948_10371326.jpg
1980年代PLT
d0340948_10375515.jpg
1980年代PLT
d0340948_10382490.jpg
1980年代PLT
d0340948_10384335.jpg
1980年代PLT
d0340948_10390659.jpg
1980年代PLT
d0340948_10394187.jpg
1980年代PLT
d0340948_10403808.jpg
1980年代PLT
d0340948_10410902.jpg
1980年代PLT
d0340948_10412744.jpg
1980年代PLT
d0340948_10415065.jpg
1980年代PLT
d0340948_10421411.jpg
1992年オフィシャル(良いボディが使用されています。)
d0340948_10425523.jpg
d0340948_10430858.jpg
1993年オフィシャル
d0340948_10231772.jpg
こんな感じで、「マリリン・モンロー」編は終了します。

[PR]
# by o_u_t_p_u_t | 2016-09-29 00:01
霜降りグレーボディの70年代物 なんて、今までこの1枚しか見たことがありません!
d0340948_12353520.jpg
70年代Tシャツは、相当レアだと思って下さい・・・
d0340948_12383677.jpg
d0340948_12385286.jpg
d0340948_12393080.jpg
マリリンTシャツの特徴の1つに80年代物になれば、ライセンスやコピーライト入りのTシャツが増える点です。

しかし、PLTと思われる物にも極稀にバケ物みたいな秀作Tシャツもあります。
d0340948_12430389.jpg
d0340948_12442420.jpg
d0340948_12514228.jpg
d0340948_12552654.jpg
d0340948_01055442.jpg
コピーライト入りの最古Tシャツは、1982年。
本デザインは有名ですが、今や七分袖バージョンは激レアかと?
d0340948_12461534.jpg
d0340948_12462608.jpg
d0340948_12463898.jpg
~続く

[PR]
# by o_u_t_p_u_t | 2016-09-28 00:01
d0340948_12183610.jpg
d0340948_12185612.jpg
d0340948_12190800.jpg
今、ebay で「マリリン・モンロー」の70~80年代Tシャツを探すのは、相当困難ですよ・・・恐らく、国内の方が見つかるでしょう。

但し、今後は価格が必ず高騰していくと思います。


弊社最古のTシャツ:60年代後期~70年代最初期
d0340948_12221755.jpg
70年代の素晴らしい手刷り・・・ここまでのグレードですが名がないので、不詳ですが、意外なブランド製かもしれません!
d0340948_12233761.jpg
70年代の染み込みで良いデザインです。タグも申し分なし・・・
d0340948_12243907.jpg
d0340948_12245260.jpg
d0340948_12250807.jpg
1977年製
d0340948_12260506.jpg
d0340948_12261344.jpg
d0340948_12262352.jpg
1970年代・・・タグは、FRUIT OF THE ROOM製です。
d0340948_12270544.jpg
こいつはヤバいデザイン・・・恐らく、手刷り。
d0340948_12275389.jpg
~続く

[PR]
# by o_u_t_p_u_t | 2016-09-27 00:01
d0340948_11542282.jpg
d0340948_11543574.jpg
「ダンジグ」のこのTシャツが今、見つかれば 国内価格:99,800円 でしょう!

一昔前、100円オークション要員 であった、このTシャツが今や・・・驚愕 です。
d0340948_11565002.jpg
80年代PLT・・・71,348円
d0340948_11574015.jpg
d0340948_11575774.jpg
1980年「Fifth Column」の超レアなマリリンTシャツ
d0340948_11585082.jpg
弊社販売価格:42,800円・・・安いでしょう?
d0340948_11595998.jpg
1980年代初期:手刷り。但し「Fifth Column」では無いです!
アメリカ価格:69,074円
d0340948_12010222.jpg
~続く

[PR]
# by o_u_t_p_u_t | 2016-09-26 00:01
例えば、彼女が死ぬ1ヶ月くらい前に、スラッツァーという男が彼女から以下のような話を聞いている。

「CIAが、キューバの独裁者:カストロを暗殺しようと計画を立てているらしいわ。マフィアの力を借りるみたい。」
d0340948_16311733.jpg
現在でこそ、CIAがマフィアにカストロの暗殺を15万ドルで依頼したことが、2007年の文書公開で分かっているが、この当時ではトップシークレットだった。

これは一例として、こういった情報を色々と知ってしまった彼女は、CIAや政界の者にとっては非常に脅威を感じる女となっていた。

その上で、7月ごろ(死の1ヶ月くらい前)から、ケネディ兄弟と不仲になり、「何もかもバラす」と脅しをかけ始めた。

この「何もかも」に、政界の情報も含まれていたとすれば、それはCIAにとってもケネディにとっても非常にまずいことになる。

CIAは、彼女を始末することに決めた。

そしてそれをマフィアのボスであるサム・ジアンカーナに依頼した。
d0340948_16330236.png
ジアンカーナは、彼女とケネディ兄弟との関係も知っていた。

元々ケネディ兄弟の父親は、このジアンカーナと親密な関係にあり、自分の息子であるジョン(後のケネディ大統領)が大統領に立候補した時も、ジアンカーナから50万ドルの援助金を受け取っている。
d0340948_16493615.jpg
また、この父親が何物かに命を狙われた時に助けたのも、ジアンカーナである。

ケネディの父親は、ジアンカーナに対して、「いずれジョンの側近として、ジアンカーナの子供も政界に入れてやる」という約束をしていた。

しかしこの約束は実行されることはなかった。

その上、ケネディ大統領の弟であるロバートは司法長官になると、ジアンカーナを犯罪者リストのトップに上げ、厳しいマフィア弾圧を行った。

ケネディ家とジアンカーナの親密だった関係は崩れ、ジアンカーナは、ケネディ家に対して激しい憎しみを持つようになっていった。

その上でこの依頼だったので、ジアンカーナはこれを機会に彼女とケネディ兄弟の関係を世間に暴露し、あわよくばロバート・ケネディ司法長官をマリリン殺害の犯人に仕立てあげようと画策した。

ジアンカーナは彼女の暗殺をOKした。

手下に命じ、彼女の自宅に盗聴器を仕掛けて機会をうかがった。

理想的な日はロバートが彼女と会うか、家に来た日である。

「ロバートが彼女の家に8月4日に行くことになった」という情報が、CIAからジアンカーナへもたらされた。

これを受けてジアンカーナの組織の殺し屋である、ニードルズ・ジアノーラとマグシー・トルトレーラ、それに他2名を加えた、4名の殺し屋チームも現地に到着した。

そして8月4日、殺し屋たちが盗聴器を通じて彼女の家の様子を探っていると、ロバート・ケネディが到着したようだった。
d0340948_16380731.jpg
激しい口論をしており、間もなく精神科医が来て、ロバート・ケネディが「注射を打って彼女を落ち着かせてくれ。」と頼んだ。

注射をしてしばらくして彼女のヒステリーがおさまったのか、ロバートも医者も帰って行った。

そして彼女が寝付いたであろう午前0時ごろ、殺し屋たちは彼女の部屋に侵入した。

彼女は最初こそ少し抵抗したものの、医者が打った鎮静剤が効いており、思い通りにするのは簡単だった。

手際よく口をテープでふさぎ、裸にしてベッドに横たえ、バルビタール剤と包水クロラールを調合した強力な座薬を肛門に突っ込んだ。

口から無理矢理飲ませるのは、顔や身体に揉みあった証拠を残す恐れがある上に、吐く可能性があるため、肛門から入れたのだ。

ほどなくして入れられた座薬は血管から体内に入っていき、彼女は意識を失った。

殺し屋たちは彼女の口のテープをはがし、身体を拭き、室内の侵入の痕跡を消し去った後、静かに立ち去った。

彼女の殺害自体は成功したものの、ロバート・ケネディを犯人に仕立て上げるという計画までは実行出来なかった。

ロバートが、警察が来る前に彼女の死を知ってしまい、すぐにローフォードと探偵オタッシュに指示して、彼女の部屋から電話番号簿や日記など、自分との関係を示すようなものを総て奪い去ってしまったからだ。

勿論この時点では、ロバートは彼女の部屋に殺し屋たちが来たなどとは知らず、自殺か医者の過剰投与による死亡だと思っていた。

d0340948_16291573.jpg
この「ダブル・クロス」に書かれた内容は、事実として公式に認められたものではない。

彼女の死は自殺というのが公式見解となっている。

しかし不自然な点の多い自殺説よりも、この他殺説の方が説得力を持っているのは確かである。

真相は依然闇の中であり、今後もおそらくはっきりと判明することはないであろう。 
d0340948_10510746.jpg
もうお分かりのように、彼女とは「マリリン・モンロー」のことである・・・


~続く。

[PR]
# by o_u_t_p_u_t | 2016-09-25 00:01